世界でたったひとつだけ、あなただけのオリジナル。
思い出や大好きだったものたちを甦らせてみませんか。
MIDORIYA 太佳子におまかせください。

西陣織

 1982年に京都で始めた西陣織・佐賀錦の帯地ときものを使用してバッグやコサージュなどを販売しておりました京都の北白川「京都 太佳子」がさまざまな時を経て、オンラインショップとしてこのたび装いも新たに生まれ変わりました。

 どうしても手離せない思い出のものや、お気に入りの帯やきものを身近なものに変身させて、日常生活に再び「和の心」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 西陣織は、平安の昔から現代にいたるまで日本の伝統文化の中心であり続ける京都の千年の歴史を背景に育まれてきました。良質の絹を独特の色に染めあげ、幾日もかけてすべて職人の手で織り上げられた精緻な生地、華麗な色彩、そして多様なモチーフの優雅さには目を見張るばかりです。

 気の遠くなるようないくつもの工程を経て、ようやくできあがる千年の伝統と創造の歴史を持つ西陣織は、まさに日本の伝統美の集大成と言っていいかも知れません。

たかこSHOP

 わたしたちの住む日本には、忘れてはならない、素晴らしい文化と世界に自慢できる伝統があります。それは先人の努力と叡智によって脈々と受け継がれて来ました。

 本物のすばらしさを手に取り、身近な物として感じることで、日本人であることに誇りを持っていただけたなら。

 「きもの」を身につける機会が少なくなってしまった現代、そんな思いを胸に抱きながら、西陣織の持つ伝統美、そしてきらびやかで精緻な生地の持つ「本物の良さ」を活かして、日常の中に生まれ変わらせることを何よりの喜びとして、そして日本の伝統を世界に発信し、後世に伝えるという使命を持って、日々制作に励んでいます。

 このサイトでは、これまでにわたしがお客様からお預かりした思い出の帯やきものを、日常使いの小物たちにリメイクした作品をご紹介しています。また、お手持ちの帯やきものを使ってリメイクをご希望の方のご依頼も受け付けております。

 あなたの大事な思い出が、大好きだったものたちが、身近な物として生まれ変わるお手伝いをさせていただければ幸いです。

 平成二十五年 吉日 京都 MIDORIYA 太佳子

ブログ最近のエントリー

 MIDORIYA 太佳子のオフィシャルブログでは、展示会のご案内や新作のご紹介の他に、太佳子の日々の考えていることや創作への思いなどを思いつくままに書いています。わたしがどんな人間なのかということを、皆様にお伝えできればいいな、と思っています。

西陣織

 まだ、京都にお店を構えていた頃、多くの雑誌にMIDORIYA 太佳子の作品を掲載、紹介していただきました。全部ではありませんが、実際に小物をどのように合わせたら素敵に見えるかの参考になればと思って当時の記事から抜粋して掲載しています。サイドメニューの「これまでの太佳子」からご覧になれますので、是非、お立寄りください。

メンズ

 最近は、男性のお客様からのリメイクのご依頼が増えて、ハンチング帽やシャツの製作を行っています。
 きものを着る機会が女性よりもより少ない男性がきものをお召しになっていらっしゃったり、装いの中に「和」の要素を取り入れて楽しんでいるのを街中で見かけると「粋だなあ」と思います。
 MIDORIYA 太佳子では今後、ハンチング帽やシャツの他に、煙草入れや名刺入れなどの男性用の小物も充実させていきたいと考えています。
 思い出の詰まったもの、大好きだったけれど今は簞笥の奥で眠っているきものや帯地で「巷には売っていないけれど、こんなものがあればいいのに」や「世界に一つしかない自分だけのものが欲しい」などのご意見・ご希望などございましたら、サイドメニューの「お問い合わせ」からお寄せいただければと思います。